デイケアへ就職・転職する方へ

デイケアのお仕事を初めてやってみようと思っている方や、経験が浅い方、キャリアアップを考えられている方、ともに不安がたくさんあると思います。

就職や転職・再就職の時には、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時は転職求人のプロに、あなたの転職活動をサポートしてもらってみてはいかがでしょうか?

以下に当てはまるようでしたら、今すぐ転職を考えてよいと思います。

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
介護のお仕事

デイケアで良い施設に就職するには?

全国には、一口に介護施設といってもたくさんの種類があります。一人で動こうとしても、どうやって連絡すればよいのか、給与の交渉はどうすればよいかなど、なかなか難しいです。

では、どんな方法で就職や転職活動を進めていったらいいのでしょうか。
ハローワークに行って相談しますか?それも1つの方法だと思います。
ですが、残念ながら、よい求人先はハローワークには出ていません。

また、最初の給料の交渉など、人によっては、なかなか難しい所があります。


このサイトでは、そんなあなたに求人情報を提供するとともに、介護業界への就職・転職の仕方、サポートしてくれるパートナーを紹介します。他の介護系のサイトでいえば、デイサービス求人ガイドがおすすめです。

介護のお仕事

転職について

支障がないだけでなく、転職の理由を検討する上で一番のポイントとなります。対人関係や職場の待遇の不満などのために退職した人もたくさんいますが、人間関係でトラブルを抱え込みやすい人だと

仕事をしていない無職期間が長すぎると新しい職を得難くなるので、なるべくなら退職してから転職に成功するまでの期間を短くするように心がけて動いてください。面接官が無職期間を気にして質問をしてくるケースもあり得ますから、無職である間に何をしていたのか、明朗な回答ができるようにしておくことが大切でしょう。大手企業に転職をして、仕事をすることになった場合、給料がアップすることが多いですが、ボーナスの額でしょう。業績によってはまったくないなんてこともあります。仮に、給料は同じ40万円でも、ボーナスがなければ年収は480万円ですが、ボーナスが年に二度あれば、それだけ年収には差が出てくることになります。

待遇がかなり違う実際、給料の額に、どれほどの差があるのでしょうか。あるテレビ番組の内容によると、約8000万円の違いが出るという調査結果でした。異業種への転職に成功する人もいるため、いろいろやってみればできます。とはいえ、その際には覚悟を決める必要があります。なかなか決まらず、長期間、転職活動することになるかもしれません。未経験者が採用されることも多いのですが、三十歳を過ぎてしまっていると、新しいことを覚えにくくなるので、採用が決まりにくいのです。会社員から公務員へと転職をすることは出来うることなのでしょうか?結論を言ってしまうと可能です。かなりの数存在します。ただし、転職をしたからといって高い給料をもらえるとは限りません。会社員のままだったほうが給料が高いこともあるので、その辺りをきちんと確かめてから転職される方がいいでしょう。

転職エージェントは転職のサポートをする企業をいいます。それならば、転職エージェントは本当に使えるのでしょうか?率直にいうと、それは利用の仕方によると思います。全面的に頼ってしまうと転職ができない可能性がありますが、上手く利用すればとても役に立ちます。一昔は、35歳転職限界説という説も、昔は年功序列だった関係で、どう扱うかが難しいため、採用を見送る企業が少なくなかったのです。しかし、現在は年功序列のシステムが崩れたため、35歳を超えていても前途有望であれば家族に転職の相談をしても、相談内容に合ったアドバイスを与えられるとは思わないでください。今のあなたの職場での状況を家族はしっかりとわかっていないからです。転職したいと思う理由について説明しても「そっかー」くらいしかわかってくれないこともあるでしょう。「やりたいようにやればいい」といった風な言葉であっさりと片付けられてしまうことも考えられます。

転職を考えた時、家族に相談することはすごく大事なことです。ただし、アドバイスがほしい時には、仕事の状況をきちんと知っている会社の人に一緒に勤務しているからこそできる助言があると思います。同僚に信頼性がない場合は、転職したことのある友達に相談してみるのがいいと思います。

このページの先頭へ